History

ユネスコによる
人類の無形文化遺産【能楽】の歴史

狂言の楽しみ方

ごあいさつに代えて

狂言とは

 「狂言」は、中世南北朝の動乱のころ(約700年前)に発生した庶民喜劇です。遠く奈良・平安の昔、中国から伝わった散楽(さんがく)の影響を受けています。滑稽な台詞(せりふ)と科(しぐさ)とによる狂言が「兄」、シリアスな物真似と歌舞による猿楽能(能の古称)を「弟」とした、いわば兄弟芸術です。
狂言の歴史狂言の歴史

 「狂言」は「能」と併せて、明治までは「猿楽(申楽)」と呼ばれていましたが、「サル(monkey)」のイメージが、外交施策上良くないという明治政府の見解から「能楽」と呼称を改められた経緯があります。現在「能楽(能・狂言)」は日本における無形文化財および、世界文化遺産の指定を受け、世界的にも高い評価を受けています。
 室町時代の初め、観阿弥(かんあみ)・世阿弥(ぜあみ)父子は将軍足利義満の庇護を受け、能の社会的地位を引き上げ、芸術的にも昇華させました。この父子による能の体質改善の際、素朴で大らかな性格の狂言も、早くから能の一環として取り入れられ、能の大成に協力しましたが、やがては体制内に引き込まれていきました。
 
 狂言と能の性質は明らかに対照的です。能は、悲劇的貴族的歌舞劇であるのに対し、狂言は喜劇的庶民的対話劇です。これを交互に上演していました。
 近世に入って「幕藩体制」が確立すると、狂言は武家の式楽となりました。室町末期には、最初の流派、大蔵流が出来てきていましたが、このころ鷺流、和泉流の二流も確立しました。そして流派意識が芽生え、各家それぞれ台本を備え、演出を競い、演技的・様式的にも整備、洗練されていきました。こうして、〝武家のお抱えの狂言〟として近世300年を過ごし、近代を迎えます。この歳月の間に、狂言は無邪気で大らかなユーモアをもった、祝言性のあるものになっていきます。それは、室町の昔、世阿弥が『習道書』の中でも述べた「幽玄の上階のをかし」「ゑみの中に楽しみを含む」という、狂言の理想に達していきます。
 

明治時代以降の狂言

 明治維新の激動により、鷺流は滅亡し、大蔵・和泉の二流が現存しています。第二次世界大戦後は、過去数世代にわたって蓄積された力が一挙に発揮され、昭和30年代には、「昭和の名人」といわれた、善竹彌五郎が狂言界から最初の人間国宝に指定され、いわゆる〝狂言ブーム〟の火つけ役となりました。その後も個人指定が相続き、現在に至っています。
 

狂言の楽しみ方

 狂言の楽しみ方はいくらでもあります。ストーリーは勿論のこと、面(おもて)や装束(衣装)等も楽しみの一つです。装束は中世庶民の風俗を伝え、また台詞(せりふ)は当時の言語表現(言い回し)や生活様式を伝えているため、言語学的にも大変興味深いものであるといえるでしょう。例えば、現在では犬の鳴き声は「わん、わん」という表現が一般的ですが、当時は「びょう、びょう」と表現しました。狂言は、中世の人々の感性や習慣を伝えているということもできます。
 能は仮面劇、狂言は仮面を用いない劇といわれていますが、神、鬼、幽霊、精、動物、老人、女などの人間にも用います。これは、素面ではどうしても表現できないという要求から来ています。種類は約20種あり、特に「伯母ヶ酒(おばがさけ)」「清水(しみず)」「抜殻(ぬけがら)」という演目では、面を小道具として使用しますが、この方法は能にはみられません。
 

「つもり」の舞台芸術

 狂言は「つもり」の舞台芸術だといわれています。舞台装置をあまり使わないので、表現の手段は台詞(せりふ)と科(しぐさ)だけになります。効果音も自ら口に出す擬音で表します。例えば、蔵の戸を開けるときは「グヮラ、グヮラ、グヮラ」酒を注ぐ時は「ドブ、ドブ、ドブ」などです。小道具を使う場合にも代用で実際にある「つもり」の演技をします。葛桶(かずらおけ)が酒樽になったり、その蓋が盃になったりします。また扇一本で、太刀、ノコギリ、スプーンなどを表します。舞台の場面転換も非常に簡単です。舞台の上を一周するだけで「これは大きな沢へ出た」と言えば次の場面がセットされています。 一つの舞台を、室内にも野原にも街道にも川にも表現し、一瞬のうちに時間と空間を飛び越え、観客を「つもり」の世界へ引き込み、楽しませてくれます。
 
大らかな無邪気な笑い「狂言」を楽しんで頂ければ幸いです。
 

「ユネスコによる人類の無形文化遺産【能楽】」とは
2001年05月  第1回「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」
2003年10月  無形文化遺産保護条約 採択
2003年11月  第2回「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」
2005年11月  第3回「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」
2006年04月  無形文化遺産保護条約 発効
2008年06月  無形文化遺産保護条約 運用指針 採択
2008年11月  「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」を受けた90件を「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」へ統合。
2009年~   各締約国より推薦等のあった事項に関する「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」への記載審議。


参考資料:「笑いのふるさと 狂言を樂しむ會(第1回)」番組記載の内容に加筆・修正を行いました。
参考文献 小林責:「平凡社カラー新書33 狂言をたのしむ」,平凡社,1976.

大蔵流狂言の歴史

大蔵流狂言とは

大蔵流狂言の概略

大蔵流狂言の歴史

大蔵流狂言は、比叡山の学僧 玄惠法印(げんえほういん)を始祖とし、金春(こんぱる)座に属しました。「座」は能・狂言・囃子といった職能を持った人々が芸能集団を形成していたものです。「座」には4つのグループがあったことが知られています(大和四座)
 当時狂言は、〝能〟の合間に演じられる滑稽な芸能として、もしくは人々の娯楽として、または教育の役割があったと考えられます。
 
現在の大蔵流狂言の演目を分類すると、下記のように分けることができます。
 

大蔵流の主な分類と演目の例

演目はさらに平物、内神文・本神文・小習に分けられます。
脇狂言

寶の槌、蛭子大黒、末廣かり、福部の神(勤入)

大名狂言

萩大名、文相撲、入間川、靱猿

小名狂言

附子、狐塚、栗焼、木六駄

聟女狂言

水掛聟、髭櫓、業平餅、塗師

鬼山伏狂言

清水、首引、禰宜山伏、朝比奈

出家座頭狂言

佛師、花折、宗論、通圓

集狂言

盆山、鳴子遣子、瓜盗人、蜘盗人

語(かたり)

那須、朝比奈、鎧

習物(ならいもの)

・重習(おもならい)

庵梅、比丘貞、枕物狂

・極重習(ごくおもならい)

花子、釣狐

式楽

三番三、千歳

小舞

土車、泰山府君、盃、海人、景清

間(あい)狂言

殺生石、船弁慶、半蔀